読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外資系リーマンのゆるコミット

必ずやります、たぶんそのうち

リスクを恐れて外資系への転職を踏みとどまっている人へ

外資系企業は実力主義で、クビもあり得る分、働く場所としてはリスキーだと思われることが多い。

しかし、会社に依存する事なく様々なキャリアの選択肢を持てるという意味においては、むしろ一般的な日系企業よりリスクは低いと思っている。
 
そもそも突然クビになってしまうこともそうあるものではないが、例えクビになったとしても、外資系企業にいれば比較的次の職場を見つけることは容易である。

厳しい環境で働くことになるためそれなりに仕事の力がつくということもあるが、特に外資系の経験が一度でもあれば、少なくとも同業の外資系企業には入りやすいためだ。
 
会社のカルチャーに馴染みやすく、中途で働くことに慣れていている外資経験者を、外資系企業は好んで採用する。外資系にいたことがあるというだけで、外資系企業から採用されやすくなるのだ。

また、外資系企業は中途採用のポストが常に開かれており、様々なキャリア選択の機会がある。
 
同業他社や競合への転職も当たり前で、部署を変えるかのように数年単位で会社を渡り歩く人も珍しくない。
  
このような理由から、少なくとも私の周りでは、クビになった人、ポジションが無くなって辞めた人が、職を失って路頭に迷ってしまったなんていう話は聞いたことがない。
 
ちなみに行き先としては、やはり同業の外資系が多いが、大手日系企業ベンチャーなど様々。

職種がマッチしていれば、外資系から日系企業への転職もそう難しいことではないのだ。
(もちろん所属していた会社の格もそれなりに重要ではあるけども)

会社を辞めるという選択肢があるということ

いざとなったら会社を辞められる。
 
この選択肢があることで人生設計の自由度が増すことは明らかだ。
 
辞める選択肢が無いということは、会社の命令や方針に服従して働き続けることしか無いことを意味する。
 
どんなに嫌な仕事、どんなに嫌な上司、どんなに嫌な場所で働かされようが従うしかない。
 
嫌だと思ったことも後で振り返れば良い経験となり、成長に繋がることはもちろんあるが、世の中そんなにうまい話ばかりではない。
 
例えば、突然の転勤辞令で、買ったばかりのマイホームを手離し、家族と離れ離れになってしまうなんてことはよくあるサラリーマン不幸話だし、やりたくもない、成長もできない仕事に長い間つかされ、すっかり働く意欲と能力が落ちぶれてしまう人もごまんといるだろう。(そもそも全国転勤がある会社でマイホームを買うこと自体理解に苦しむのだが。。)
 
知り合いの中には、マーケティングがやりたくて飲料メーカーに入ったものの、10年以上も地方で営業をやることになり、もはや当時の夢すら忘れてしまった人や、損保に入社して順調なキャリアを歩んでいた所、コールセンターの部署に異動になり、全く性に合わず心身共に病んでしまったが、待遇は良いため中々辞める決断が出来ないという人もいる。
 
会社を辞めるという選択肢があるということは、このように受け入れたくない人事、異動に対してNOを言える権利を持てる、自分で今の環境から脱出する機会を作れるということだ。
 
しばらく仕事から離れて留学したい、起業をしたい、なんてチャレンジをするにしても、大手の日系企業にいては辞めることに尻込みしてしまいがちだが、外資系企業なら辞めるのが当たり前。再び働きたくなった時の出戻りも容易だし、外での経験をむしろプラスとして受け入れてくれる場合もある。
 
日系企業でも中途採用が増えてきているとは言え、伝統的な大企業はまだまだ新卒文化だ。中途でそれなりの会社に入ることは難しいし、ましてや出戻りを受け入れるケースは珍しい。
 
一度出てしまったら戻れない。同じだけの地位や規模の他社に転職することは容易ではない。そんな思いが、人に迷いを抱かせる。かように硬直した労働市場が、本当はチャレンジしたいサラリーマンの決断をますます鈍らせる。
 
結果、一つの会社で働くことが当たり前として自分に言い聞かせ、会社の指示に従うだけの従順な人間を産み出していく。

自分でキャリアを選んでいく人のための外資系企業

別に外資系企業を手放しで褒め称えるつもりはないが、実力主義やクビがリスクと恐れる前に考えて欲しいのは、自分にとって人生の本当のリスクとは何かと言うことだ。
 
どんな環境で働くことになってもいいから、雇用だけは保証して欲しいと思うなら、公務員や日系大企業が現実的に最良の選択だが、そんなことばかりに目が向いて、他のリスクを見落としていないか。
 
会社の言いなりになって行きたくも無い場所、成長出来ない環境で働かされることや、会社都合で何十年も、自分に合わない、進歩のない仕事をさせられることはリスクにはならないのか。
 
もしあなたが、新卒で誰しもが知る優良企業に入ったものの、周りのおじさん達が会社の言われるがままに我慢を重ねて仕事をしている、愚痴をこぼしながらも他に転職も出来ず嫌々働いている、そのことに強烈な違和感を覚えるなら、その感覚は多分正しい。
 
このような選択権の無さ、主体性の消失を最大のリスクだと認識するとしたら、外資系のフィールドは極めてリスクの低い選択肢になり得る。
 
また外資系企業はそのような、自分で進む道を選択し、自分の意思で仕事をしていく人を求めてもいる。